コーポレートデザイン室

コーポレートデザインユニット マネージャー

N.O

株式会社ウィルゲートに入る前について


新卒の時は大手メーカーのグループ会社に入社。当時は製品プロモーションや企業イベントを担当する部門で働いていました。 大手メーカーだけあって大規模なプロジェクトを間近で見ることができたのは良い経験だったのですが、いつしか、もっと裁量権のある仕事をしたいと考えるようになりました。 そして、どうせなら学生時代から興味があった業界で働きたいと思って、コンサートの企画・運営会社の宣伝部に転職。業界特有の知識や、 いろいろな業種の方とのチームワークが求められる中で、朝から晩まで働きまくる日々を過ごしました。

そんな風にIT業界とは無縁の仕事をしてきたこともあって、知り合いからウィルゲートを紹介された時には正直あまり興味はありませんでした。 でも、社長の小島と面談した時の“一緒に会社を創る”という言葉にはワクワクしたことを覚えています。 また、小島が「学生起業家でベンチャーの若手社長」という肩書きの癖の強そうなイメージと違って、非常に謙虚で真面目な人柄だったので驚きました。 この会社なら何かおもしろいことができるんじゃないか、自分らしいキャリアを描けるんじゃないかと感じました。

現在の業務内容について


今は人事・広報のマネージャーとして、採用、制度、労務、メディアリレーション、デザインなど幅広い業務に携わっています。もちろん、全ての実務を自分一人でやっているわけではなく、 それぞれの領域に専門性の高いメンバーが揃っているので、そのメンバーの能力を引き出し、まわりを巻き込んで成果を最大化させるというのが私の仕事です。 そのなかで、より成果を上げるための最適なやり方を考えながら、メンバーの多様性を大切にすることを日々心がけています。

ひとりではいくら頑張ってもある程度の成果しか出せませんが、チームではやり方次第で成果が何倍にも膨らむ可能性があるので、楽しさもやりがいもありますね。 仕事をしていて一番テンションが上がるのは、それぞれの個性や能力がぶつかり合って化学反応が起きた時。その化学反応によって素晴らしい結果が生まれる瞬間が一番ワクワクします。 そして、ウィルゲートにはその瞬間をメンバー同士でハイタッチして喜びあえるような雰囲気があるんです。 こんな風にメンバー同士が高めあって尊重しあえる社風は、社員が100名を超えても変わらないウィルゲートの素敵なところだと思います。

株式会社ウィルゲートについて


ウィルゲートでは積極的に若手を抜擢していて、意欲と能力があれば若手でも事業を一つ任せてもらえることもあります。私の新卒時代と比べても個人に与えられる裁量や、社員の成長速度はけた違いです。

それに加えて、ウィルゲートにはいろいろな働き方を応援してくれる風土があります。私自身、小さな子どもがいるため時短勤務で16時半に帰宅しますが、 そんな自分にも責任あるポジションを任せてくれています。それだけでなく、これまで19時以降や土日に行われていた会議や研修を私に合わせて平日の午前中に開催してくれる等、 役員が率先して環境を整えてくれるので、やりづらさを感じたことはありません。メンバーも帰宅時間や子どもの体調を優先して考慮してくれるので、 私のような育児中のお母さんにとっては本当に働きやすい環境だと思います。

制度が充実しているような大企業であっても、結婚・出産を機に会社を辞めたり、キャリアダウンしたりすることが少なくありません。 そんななかで、育児をしながら充実した仕事ができるのは、今の社風を創っている社員のみなさんあってこそ。本当にいつも感謝しています。

今後どういうことをしていきたいか


今後は、社員一人ひとりが本来持っている力をもっと発揮できる企業を創っていきたいです。 そのために、みんなが持つ魅力的な点を見つけて引き出せる人間になりたいですし、それを事業活動に生かしていきたいです。

そして、人事や広報の機能を今よりももっと強化していく必要があると思っています。そこに向かって一緒に頑張ることのできるチームをつくりたいです。 チーム作りでは、一人ひとりの時間あたりの生産性を上げて、家族と過ごす時間や自己研鑚に励む時間をもっととれるようにしていきたいですね。 中長期的に自分にとって重要なものを、今から大切にできるような体制にしていきたいと思っています。

今の自分自身のキャリアは、新卒の時に思い描いていたキャリアとは全然ちがいます。ちなみに、大学生の頃に考えていたのは、商社マンと結婚して寿退社するというキャリアでしたし(笑)、 今もあまり深くは考えていません。でも、まだ見ぬ将来についてあれこれ考えすぎるよりも、今、周りから期待されていることに全力で向き合うことが自分にとって大切なことなんじゃないかなと思っています。

要項
|

会社を知る
|

一緒に挑戦していく仲間を求めています。
みなさんのエントリーをお待ちしております。