プロモーションチーム

R.N

どんな業務をしていますか?


マーケティングチームと営業チームの2チームのリーダーを任されています。

マーケティングチームのミッションは、Webサイト経由でのウィルゲートのサービスへの申込み・問い合わせを増やすための企画・実行です。 問い合わせをいただく企業の中には、既に興味を持っている企業もいれば、そもそも自社の課題を認識できておらず困っている企業もいて、様々なんです。 それら一社一社の状況にあわせて、コンテンツマーケティングの重要性やウィルゲートが力になれるソリューションを理解してもらうことを常に意識しています。 そして、ただ問い合わせを増やすだけではなく、ご発注見込みの高い状態で営業に供給することが、営業チームの稼働を最適化し、社内メンバーへの貢献に繋がると考えています。 会社としても業界としても新しいマーケティング手法を見つけるための試行錯誤の日々ですが、正解がないものへの挑戦にやりがいも感じています。

営業チームでは、メンバーと一緒にお客様にご提案に行ったり、他チームのリーダーと毎月の達成へ向けて戦略を練っています。 新規商材のテストマーケティングなど、新しいことに取り組み続けている中で達成し続けることは正直簡単なことではありません。 そんな中でも、チーム全員で協力しながら達成に向けた改善を繰り返し、達成し続けるチームをつくっていきたいと考えています。

これら2つの業務は連携部分が多いので、私が両チームに兼任することでより成果を最大化できるよう、日々邁進しています。

事業のどんなところに魅力を感じていますか?


コンテンツマーケティング事業にはとても可能性を感じています。Googleなどの検索エンジンを活用して情報収集をするのが当たり前になってきている今、 ユーザーに価値あるコンテンツを届けることは必要不可欠です。Webを通じて、時間や場所の壁を超えて、様々な方に影響を与えることができるのが、最大の魅力ですね。

特に私は、ウィルゲートのコンテンツマーケティングサービスであるKIJITASUを自社のオウンドメディアで実践しているので、 身をもってその効果を実感しています。例えば、私が執筆したWeb上の記事が、実はクライアントの役に立てていてお礼を言われたり、お問い合わせにつながった時なんかは改めて"事業の魅力"を感じますね。

仕事をする上で大事にしていること、考えていることはなんですか?


目的を見失わずに、企画実行を繰り返すことです。

営業活動のように直接的に売上を作ってくる仕事ではないので「何のためにこの仕事(業務)をしているのか」 を常に見失わないよう意識するようにしています。 ただタスクを処理しているだけでは、仕事も面白くないですもんね。

また、私の仕事の大枠は「課題発見」「解決策の企画」「解決策の実行」の繰り返しです。 先ほどお話したとおり、今私が実行していることは、会社として新しい取り組みなので、企画したことを実行することは正直とても勇気がいるんです。 でも実行に移さなければ前に進めないので、とにかく実行することを心がけています。 大変ありがたいことに、しっかりと企画を練ったことにはチャレンジさせてくれるので、 経験のない中でも挑戦機会を提供してくれるのもウィルゲートの魅力だなと思っています。

要項&FAQ
|

会社を知る
|

一緒に挑戦していく仲間を求めています。
みなさんのエントリーをお待ちしております。