コンサルタント

S.K

どんな業務をしていますか?


私が所属するCSユニットは、SEO・コンテンツマーケティングのコンサルティングチームです。 お客様のWebサイトの集客改善・収益向上を目指して、 あらゆる手段を考え施策を進めていくことがミッションになります。お客様の窓口として、 プロジェクトの進捗管理や提案を行うシニアコンサルタントとデータの分析や施策の企画・立案を行うコンサルタントの2名体制で対応を行いますが、 私は主にコンサルタントを担当しています。また、コンサルティング業務とは別に業務プロセスや商品を改善するための プロジェクトにも参加し、経営陣や各部署のマネージャーと一緒にプロジェクトの推進を行っています。 事業部全体に影響を与えるプロジェクトなので、プレッシャーも大きいですが、その分やりがいも大きいと感じています。

どうしてWebマーケティング業界を選びましたか?


学生時代から、自分でWebサイトを立ち上げて収益化するということはやっていたのでWebマーケティング業界は自然と選択肢の中に入っていました。もともと、新しいことに挑戦したり、 自分で情報を調べてトライ&エラーを繰り返す中で可能性を探求するのが好きなので、未開発の分野で日々新しい技術やノウハウが生まれるこの業界は自分に合っているのだと思います。 また、コンサルティングをする上では、Webの技術に関することだけではなく、マーケティングの理論や消費者行動、ビジネスモデルの理解など 幅広い知識が要求されるので、仕事をする中で様々な知識やスキルが身につき成長している実感が得られるというのも魅力の一つだと思います。

仕事のやりがいを教えてください。


クライアントごとに状況が違う中で、最適解を出すために常に試行錯誤することに面白さを感じます。 マーケティングの施策には無数の打ち手があり、事業のフェーズやビジネスモデル、 ターゲットとなる顧客などによりマーケティングプランは異なります。そのため、案件ごとに綿密なヒアリングを行い様々な観点から分析をして、 仮説を立て施策を行い検証をするというサイクルを繰り返します。 もちろん全ての施策がうまくいくということはありませんが、AがだめならB、それでもだめならCというように、 あらゆる可能性を追求して成果を最大化させるためにはどうすればいいかということを常に考えるようにしています。 Webの業界は変化がとても早いので、その中で高い質のサービスを提供できるよう、個人としても会社としても常に進化し続けていたいですね。

入社してから成長したな、と感じる点はどこですか?


仮説を立てる力がついたなと感じています。例えばサイトの売り上げが落ちているとして、原因として様々な可能性が考えられます。 当然それぞれ検証するべき内容も改善策も異なるので、仮説を立てる段階で間違えてしまうと問題の特定に時間がかかったり、的外れな改善策を提示してしまうことになります。 入社当初はサイト改善提案をしてほしいと言われても何が問題なのかうまく仮説を立てることができませんでしたが、業務を行う中で知識やデータ分析のノウハウ、フレームワークなどを学び、 徐々に仮説を立てるスピード・精度ともに上がってきたと感じています。仮説立案→実行→検証というプロセスは、あらゆる仕事に共通するのでその精度が高い人はより多く、難しい問題を解決していけると思いますし、 どの業界・会社でも価値が高い人材だと思います。自分はまだまだですが少しでも高い価値を出すことができるよう努力を積み重ねていきたいと思っています。

要項&FAQ
|

会社を知る
|

一緒に挑戦していく仲間を求めています。
みなさんのエントリーをお待ちしております。