技術責任者

S.O

仕事内容を教えてください。


ウィルゲートが創るサービスの技術開発を担っています。 もともと開発室内の横断的な業務を行っていましたが、2016年1月1日からは"技術責任者"となりました。 やるべきことがまだまだ手探りなところもありますが、 各開発チームの能力開発や全体のパフォーマンス向上にも力を入れていきたいと思っています。具体的な業務内容としては、 さまざまなシステムから利用している重要なAPIのメンテナンスや機能拡張を行ったり、 サグーワークスでのチャレンジングな要望へ応えていく開発をしたり、といった感じです。

大きな開発ばかりに見えますがごく小さな開発も行います。スピードの早い事業領域に身を置いていること、かつ正解がないことに挑戦しているため、 1度しか使わないようなものを開発する、なんてことも発生します。その場合は速度を求められることが多いので、 ハッカソンをしているような気持ちでやりたいことを最速で実現できるための手段を考え、手を動かしています。

ウィルゲートで実現したいことは何ですか?


いまの僕の想いとしては、大きく2つあります。

1つ目は「まだまだ未熟な開発室をどんどん成長させていくこと」です。たとえば、開発ツールやインフラ面、スマホアプリ領域は整備されていなく人財としても充足しているとは言い難い状態です。そこに僕自身が学んできたことやこれから学ぶことを落とし込んでいって、開発室をどんどん成長させていきたいです。これまでは守ることが多かったですが、徐々に攻めていけるようにもしていきたいと思っています。思うだけじゃダメなんですけどね、行動しないと!(笑)

2つ目は「みんなが頑張ったその先の未来を見たい」です。これは僕の夢のひとつとして持っているものです。小島社長と吉岡専務を筆頭に、新卒同期も含めて、熱い人や素晴らしい人たちが社内にいます。そんな「みんな」で頑張っているフェーズにウィルゲートはいると思っています。既存事業も、メディアを始めとした新しい事業も、そして僕自身を含めて「ウィルゲートはここから先、どうなっていくのだろう?来年は?再来年は?その先は??」というワクワクをよく感じています。

ウィルゲートで実現していきたいこと…そうですね、まずは「技術責任者です」と胸を張って言えるよう、求められていることに応えていきたいです。そして開発室を攻守ともに強くしていくことへとつなげていきたいです。「みんなが頑張ったその先の未来」を見れるように。

要項
|

会社を知る
|

一緒に挑戦していく仲間を求めています。
みなさんのエントリーをお待ちしております。