アカウントプランナー リーダー

T.T

なぜウィルゲートに入社したのですか?


就活で大事にしている2軸を両方叶えてくれる会社だったからです。2軸というのは"人"と"事業"です。

人の面では、大学時代の競技ダンス部での経験から、熱い仲間と一つの目標に向かって本気になれる環境で働こうと決めていました。 その軸にどの会社よりもあてはまったのがウィルゲートです。小島社長と吉岡専務二人のリーダーの下、 ウィルゲートの夢に向かって社員全員が熱狂している。就活期、会う人会う人皆、とても目が輝いていたのを覚えています。

事業面では、当時SEO業界で確かな技術と顧客基盤を有していたウィルゲートには、新規事業を立案実行していく余地が多いにありました。 熱い仲間と新しい価値を社会に提供していけることにワクワクを感じ、ウィルゲートのへ入社を決意しました。

どのようなときにやりがいを感じますか?


一つはクライアントに喜んでもらえたとき、もう一つは本当に良いサービスが世の中に広まることに貢献できたときです。 無形商材を扱っている以上、私の介在価値は「クライアントのためにどれだけ本気で考えられたか」で決まると考えています。時には他社のサービスを勧めることもあれば、 時間をかけてでもカスタマイズしたご提案を準備することもあります。真の顧客満足とは「何が本当にクライアントのためになるのか」を考え尽くした先にあると信じています。 そのため実際にご発注を頂いたときには、想いが通じたようで本当に嬉しいですし、何よりやりがいを感じます。

また、クライアントへの理解を深めるほど魅力的なサービスをお持ちだと実感することが数多くあります。 そんなクライアントへのWebコンサルティングは、その魅力的なサービスに触れる機会を社会に提供していることに他なりません。 素晴らしいサービスを持っている会社はもっと世に知られるべきです。そのお手伝いができることは営業として一つの喜びです。

仕事をする上で大事にしていることを教えてください。


ウィルゲートらしさ、つまり「個人が自立し、且つチームとして成果を出すこと」にこだわっています。

個々人が努力するのは社会人として当然ですが、そこにシナジーがある会社こそが真に強い会社だと思います。大きな目標に向かい共に歩む仲間に対して、自分の時間や知恵は惜しみません。 むしろ一人で得られるものは時間的に有限なため、そこを補い合える関係づくりが大切です。実際にウィルゲートで活躍している人を見ても非常にチーム意識と主体性が強い人が多いです。そういった人はまず、 自分のこと、周囲のことを問わず、課題に対する嗅覚が鋭いです。そして必要な解決策を自ら見つけ出し、それを周囲に惜しげなく提供していく。 そんな人が多いと感じます。それは「一緒に働く仲間に対して何か価値提供していきたい。」という意志の現れだと思いますし、 自分自身とても大事にしている考えです。

要項
|

会社を知る
|

一緒に挑戦していく仲間を求めています。
みなさんのエントリーをお待ちしております。